OLYMPUS DIGITAL CAMERA
22085057_m
previous arrow
next arrow

遮熱塗料と断熱塗料

塗装工事基礎知識

「遮熱塗料」と「断熱塗料」は省エネ効果があり機能性塗料の中で省エネ効果があると注目されています。名前も似ていて、どちらも省エネ効果がある点や、屋内の室温を下げるという点から同じである点から混合されがちです。

同じように感じられる2つの塗料ですが、単価や保温効果などに違いがあります。この2つの違いを理解して、どのような効果を望むのか間違えないようにしましょう。

遮熱塗料とは

遮熱塗料は、太陽の光を反射することができる塗料です。太陽の光の中でも特に赤外線に近い熱を反射すると言われています。屋根・外壁・屋上に塗装すると、夏場の日射が多いときに熱の吸収を抑制し、建物内部への熱量の進入を抑え、室内温度の上昇を緩和します。遮熱塗料を屋根に塗装した場合、最大で約 15 ~ 20℃の屋根表面温度を低下させることができます。

また遮熱塗料を使用することで、紫外線など建材のダメージを軽減することができるため、建物の寿命は長くなる可能性があるでしょう。  

断熱塗料とは

断熱塗料とは、熱伝導を抑える効果(断熱効果)のある塗料です。熱伝導を抑えて室内外の熱の移動を抑えることができます。室外と室内の熱移動を抑制するため、夏場は室内を外気温より涼しく、冬場は室内を外気温より暖かく保つために役立ちます。

遮熱塗料と断熱塗料の違い

メカニズム

上記でも説明した通り、遮熱塗料は熱を反射させますが、断熱塗料は熱を反射させることはしません。  

遮熱塗料は太陽光の赤外線を高効率で反射して、屋内の温度上昇を抑えることができる塗料であるのに対し、断熱塗料は太陽光を建物内部に伝わりにくくすることによって室温の上昇を抑えることができる塗料です。

遮熱塗料 太陽光の赤外線を高効率で反射して、屋内の温度上昇を抑えることができる塗料
断熱塗料 主にセラミックを原料とした塗装で、太陽光を建物内部に伝わりにくくすることによって室温の上昇を抑えることができる塗料
保湿効果

ふたつの塗料の最も大きな違いは冬場の保湿効果です。

遮熱塗料 熱を反射させるため、室内の熱を保温する効果はありません
断熱塗料 熱の移動が長いため、室内の熱が逃げにくくなり、保温効果があります
単価
遮熱塗料 2,500円~3,500円
断熱塗料 3,500円~4,500円

※塗料・グレードにより異なる

太陽年数
遮熱塗料 12年~20年程度
断熱塗料 15年~20年程度

※塗料・グレードにより異なる

どっちがおすすめ?

ここまで見ると、遮熱塗料よりも断熱塗料のほうが良いように思えますが、夏も冬も快適な室温を保ちやすいのは断熱塗料です。

しかし、断熱塗料は遮熱塗料よりも高くなるため、費用面で断熱塗料が難しいという場合もあるでしょう。また、断熱塗料は立地条件により効果に差が出やすいとも言われています。塗装する建物にどのような素材が使用されているのかということでも、それぞれの効果が変わってくるので、施工店に相談しましょう。